メリットとデメリットがある小学校受験

小学校受験のメリットとしましては、受験に合格しますとほとんどの場合は中学校、高等学校さらには大学と、内部試験を受けるだけで進学できます。入試験は小学受験のみで、全て免除されるのですから。厳しい受験競争にならず子供の負担も減ります。また、私立小学校の教師は、公立のように数年ごとの移動もありませんので、教師のレベルが変わらず一定のレベルが保たれます。デメリットとしましては、幼少期から自宅での学習が、必要になり幼稚園と合わせて幼児教室にも通わなくてはいかなくなります。また、受験も学校によって内容が違ってきますので、それぞれの学校に合わせた受験をしなければなりません。私立小学校に入りますと、上の学校も含めたくさんの費用が掛かってしまいます。また、普通の子供とは違った環境で過ごす事になり、ご近所との付き合いが疎遠になる可能性もあります。

私立の小学校を受験する際、行動観察で評価される点

小学校を受験される方も多くいらっしゃいますが、評価されるのはペーパーテストだけではないです。社会性がチェックされる小学校受験の行動観察の評価の対象になります。チェックの仕方は学校によって違いがありますが、一人で行うのではなくグループで行うことは、共通してることです。順番が来るまでの態度も評価に加わりますので気を抜かないことです。面接時の質問を聞く態度なども見られてますので、家庭でのしつけが重要視されます。一人で勝手に課題をクリアしても評価されなく、グループで協力しながらクリアしていくことで評価につながってくることを理解しておくことです。また、組み合わせによる運不運もないとはいえませんので、日頃から集団生活に慣れ親しんでおく必要があるということです。中には実験授業を積極的に採用している所もあり、新たな気づきを通してグループ行動の意義やルールを実体験出来るのがポイントととなってます。ペーパーテストだけでは、合格者を選考することが難しいため、子供の行動が一番の評価につながりますので、きちんと対策をなされておくことが重要です。

ずっと先を見据えた人生計画をしましょう

小学校受験は今とても注目されています。中高一貫校などの学校を選ぶと一回の受験で高校までストレートというところもあり、子どもにとっても大人にとっても安心です。勿論それなりの努力は必要です。しかしその時の頑張りは必ず身に付きます。後々の人生を考えた選択が必要となってきます。家族同士でしっかり話し合い、決めていくようにしましょう。先にその学校に行っている先輩にあたる人たちにお話を聞いておくのもいいでしょう。インターネットなどの口コミで情報を集めることも大切です。子どものためにどういう学校を選ぼうとしているのか、親の方がよく理解しておくことが必要です。私立は特にそれぞれの特色があるので子どもの個性としっかり向き合って最適な学校を選んであげるように心がけましょう。